高級時計 - スイス時計
タグ・ホイヤーのメンズ時計&レディース時計:計時が芸術に進化する場所

スイス時計と高級時計は共に高い品質と精度で知られ、同義語のようにとらえられています。そして、そのスイス時計の世界において、タグ・ホイヤーのタイムピースは唯一無二の存在感を放ちます。アバンギャルドなデザインと最新のテクノロジーを誇るタグ・ホイヤーのタイムピースは単なる高級時計やスポーツウォッチの枠を超えて、独自の領域を築いています。

タグ・ホイヤーは職人の手によるクラフツマンシップに最高かつ最新のテクノロジーを融合し、革新や卓越を追求しながらも伝統を重んじるメンズ時計とレディース時計を作り上げています。決然たるモダニティと時代を超える洗練性を備えたタグ・ホイヤーの時計の魅力は圧倒的な美しさだけではありません。その自動巻時計は振動数を毎時21,600回から毎時36,000回(キャリバー360)にまで高めることによって優れた機械的精度を保証します。このような理由から、自動巻時計に搭載されたムーブメントの多くは栄誉あるスイス公式クロノメーター検定協会(C.O.S.C.)からの認定を受けています。

それゆえに、タグ・ホイヤーのクロノグラフが正確な計時という点でスイス時計の最高峰と称えられることも当然の成り行きなのです。これらの高級スポーツウォッチは世界で最も栄誉あるレースイベントの一つ、モナコ グランプリのオフィシャルタイムキーパーという重責を担っています。さらに、タグ・ホイヤーはアメリカスカップを制したオラクル・チームUSAやフォーミュラ1で高い評価を受けるコンストラクター、マクラーレンとパートナーシップを結び、スピードと計時精度の完璧なマリアージュを実現しています。

タグ・ホイヤーのタイムピースは美しさという点でも圧倒的な存在感を放ちます。各分野のエキスパートたちが手作業で仕上げる高級スイス時計は最高の素材を完璧な調和で組み合わせています。なめらかなカーフスキンや上質のアリゲーターレザー、貴重なソリッドゴールド、頑強なステンレススチールをはじめとする伝統素材から最高のものを融合するか、あるいはハイテクラバーやモダンファブリックなどの最先端かつ現代的な素材によるアクセントを加えるかにかかわらず、タグ・ホイヤーはスポーツウォッチと高級時計の境界をあえて曖昧にしています。さらに、ブラッシュ仕上げやブラック仕上げ、ルテニウム加工をはじめとする上質の仕上げは洗練と革新を備え、時計に見た目の美しさだけでなく確固たる実用性をもたらします。

一方で、女性用時計は控えめなエレガンスを極めています。とりわけ、ダイヤモンド時計はタグ・ホイヤー カレラやモナコ、リンク、アクアレーサー、タグ・ホイヤー フォーミュラ1といったタグ・ホイヤーの名声を支える代表的な男性用時計に女性らしい輝きのアクセントを加えています。高級素材と小型のフォルムを特徴とする、スタイリッシュな女性用タイムピースは1世紀を超える歴史の中でブランドのDNAの一部となった最高のクラフツマンシップと完璧な精度の伝統を継承しています。

タグ・ホイヤーのタイムピースは単に高級であることや優れた精度を備えているだ

けでなく、スイスのクラフツマンシップにおける最高の技術を未来に向かって力強く押し上げるという重責を担っています。崇高なまでの美しさと確固たる信頼性、精巧な手作業と圧倒的なハイテク、コンテンポラリーと洗練、タグ・ホイヤーは男性用、女性用を問わず高級時計に新たな意味を与えます。

01 7月. FIA Formula-E DEMONSTRATION WESTMINSTER BRIDGE in London

THE FUTURE IS ELECTRIC

On 29 June 2014, TAG Heuer was a proud participant in the first-ever European demonstration of the FIA Formula E Championship, the world’s first fully electric motor-racing series. The special event took place on Westminster Bridge in London and marked the official launch of the inaugural Formula E season, which will be contested by 10 teams over 10 rounds beginning on 13 September, 2014 in Beijing and finishing in 27 June, 2015 in London. In all, 10 cities will play host to the pioneering series, including Putrajaya, Malaysia, Buenos Aires, Argentina, Punta del Este, Uruguay and Miami and Long Beach in the United States.

The 29 June event in London involved the entire fleet of 20 Formula E Spark-Renault SRT-01E single-seaters, which are made with groundbreaking zero-emission components by the world’s top car manufacturers and constructors. The cars reach maximum speeds of 225 km/h and accelerate from zero to 100 in 3 seconds. Driven by the best drivers in Formula One, Champ Car and IndyCar, their engines emit crowd-pleasing roars of 80 decibels, but no pollution.

A video of the event was released on June 30th at the Global Launch of the Formula E season, Many government officials and dignitaries were in attendance—Westminster Bridge leads to the British House of Commons and the iconic landmark of Big Ben—as were many luminaries from the racing world, including Damon Hill, Christian Fittipaldi and Frank Williams.

TAG Heuer is a proud founding partner of the groundbreaking series. A passion for automobiles has fueled the Swiss watchmaker since its very beginnings. Teaming up with Formula E is the logical next step, as it draws on the brand’s racing heritage and commitment to sustainability. Solar roofs provide electricity in the watchmaker’s Swiss facilities. In 2010, it organised with Tesla the first world tour in a 100% electric GT. Now it is proud to be part of the world’s newest and most innovative open championship—a path-breaking initiative that, like TAG Heuer, is a fusion of engineering, technology, sport, science, and design — all combining to drive the change towards a better tomorrow.

DISCOVER THE VIDEO