高級時計 - スイス時計
タグ・ホイヤーのメンズ時計&レディース時計:計時が芸術に進化する場所

スイス時計と高級時計は共に高い品質と精度で知られ、同義語のようにとらえられています。そして、そのスイス時計の世界において、タグ・ホイヤーのタイムピースは唯一無二の存在感を放ちます。アバンギャルドなデザインと最新のテクノロジーを誇るタグ・ホイヤーのタイムピースは単なる高級時計やスポーツウォッチの枠を超えて、独自の領域を築いています。

タグ・ホイヤーは職人の手によるクラフツマンシップに最高かつ最新のテクノロジーを融合し、革新や卓越を追求しながらも伝統を重んじるメンズ時計とレディース時計を作り上げています。決然たるモダニティと時代を超える洗練性を備えたタグ・ホイヤーの時計の魅力は圧倒的な美しさだけではありません。その自動巻時計は振動数を毎時21,600回から毎時36,000回(キャリバー360)にまで高めることによって優れた機械的精度を保証します。このような理由から、自動巻時計に搭載されたムーブメントの多くは栄誉あるスイス公式クロノメーター検定協会(C.O.S.C.)からの認定を受けています。

それゆえに、タグ・ホイヤーのクロノグラフが正確な計時という点でスイス時計の最高峰と称えられることも当然の成り行きなのです。これらの高級スポーツウォッチは世界で最も栄誉あるレースイベントの一つ、モナコ グランプリのオフィシャルタイムキーパーという重責を担っています。さらに、タグ・ホイヤーはアメリカスカップを制したオラクル・チームUSAやフォーミュラ1で高い評価を受けるコンストラクター、マクラーレンとパートナーシップを結び、スピードと計時精度の完璧なマリアージュを実現しています。

タグ・ホイヤーのタイムピースは美しさという点でも圧倒的な存在感を放ちます。各分野のエキスパートたちが手作業で仕上げる高級スイス時計は最高の素材を完璧な調和で組み合わせています。なめらかなカーフスキンや上質のアリゲーターレザー、貴重なソリッドゴールド、頑強なステンレススチールをはじめとする伝統素材から最高のものを融合するか、あるいはハイテクラバーやモダンファブリックなどの最先端かつ現代的な素材によるアクセントを加えるかにかかわらず、タグ・ホイヤーはスポーツウォッチと高級時計の境界をあえて曖昧にしています。さらに、ブラッシュ仕上げやブラック仕上げ、ルテニウム加工をはじめとする上質の仕上げは洗練と革新を備え、時計に見た目の美しさだけでなく確固たる実用性をもたらします。

一方で、女性用時計は控えめなエレガンスを極めています。とりわけ、ダイヤモンド時計はタグ・ホイヤー カレラやモナコ、リンク、アクアレーサー、タグ・ホイヤー フォーミュラ1といったタグ・ホイヤーの名声を支える代表的な男性用時計に女性らしい輝きのアクセントを加えています。高級素材と小型のフォルムを特徴とする、スタイリッシュな女性用タイムピースは1世紀を超える歴史の中でブランドのDNAの一部となった最高のクラフツマンシップと完璧な精度の伝統を継承しています。

タグ・ホイヤーのタイムピースは単に高級であることや優れた精度を備えているだ

けでなく、スイスのクラフツマンシップにおける最高の技術を未来に向かって力強く押し上げるという重責を担っています。崇高なまでの美しさと確固たる信頼性、精巧な手作業と圧倒的なハイテク、コンテンポラリーと洗練、タグ・ホイヤーは男性用、女性用を問わず高級時計に新たな意味を与えます。

21 5月. セバスチャン・オジェがタグ・ホイヤーと共にモナコでのポルシェ・スーパーカップに登場

現在、世界ラリー選手権(WRC)でトップに立つ、タグ・ホイヤーのアンバサダー、セバスチャン・オジェがF1モナコ・グランプリの間に開催されるポルシェ・スーパーカップのモナコ・ラウンドに出場します。このフランス人ドライバーは、今回のレースのために特別なカラーリングが施されたカップカーを駆り、「タグ・ホイヤー カレラ」のタイムピースとクロノグラフのコレクション誕生50周年を祝います。



当時すでにタグ・ホイヤーがスポンサーとなっていた同じレースでミカ・ハッキネンが戦った20年後、今度はラリードライバーのオジェが、2011年からアンバサダーを務める長年のパートナー、タグ・ホイヤーの支援を受けて、モナコでのレースに挑みます。

「サーキットでのレースを走るためにモナコに来れたことを嬉しく思います。WRCシーズン中のいい気分転換になります。この私に、60年代、そしてポップアートにインスパイアされた、とても個性的なカラーリングが施されたポルシェのアイコン「カレラ」で50周年を祝う機会を与えてくれるなんて!今回のプロジェクトで私を支えてくれているパートナーのタグ・ホイヤーとレッドブルに感謝の気持ちでいっぱいです」とセバスチャン・オジェは語っています。


2013年を通して、タグ・ホイヤーは、伝説のレース、ラ・カレラ・パンアメリカーナへのトリビュートとして1963年に誕生したタイムピース、「カレラ」の節目を祝っています。そして、タグ・ホイヤーが、現在、サポートを行っているモナコ・グランプリも伝説的カーレースという点では決して引けを取りません!2011年からこのグランプリとモナコ自動車クラブのオフィシャルパートナーを務めるタグ・ホイヤーは、レースコースで際立つ存在感を示すだけでなく、そのロゴがボーダフォン・マクラーレン・メルセデス チームのマシン、ドライバーのジェンソン・バトンやセルジオ・ペレス、さらにはF1ロータス チームのドライバーでフランスとスイスの二重国籍を持つロマン・グロージャンのレーシングスーツを飾っています。


「2013年のモナコ・グランプリは、私たちにとって、スタイリッシュな「カレラ」の50周年を祝う素晴らしい機会になり、ポルシェ・スーパーカップにセバスチャン・オジェを迎えることができたことを大変嬉しく思っています。私たちは今年のコミュニケーションテーマが確実に伝わるよう彼のカップカーのカラーリングに共同で取り組みました」と語るのは、タグ・ホイヤーの代表取締役兼CEOジャン-クリストフ・ババンです。

モナコ・グランプリのそれぞれのカテゴリーで少なくとも1名のドライバー(フォーミュラ・ルノー3.5はケビン・マグヌッセン、GP2はフェリペ・ネイサール)が出走することになり、タグ・ホイヤーは、1969年にジョー・シフェールと契約を交わして以来、ドライバーやチームのパートナーであり続けてきたウォッチブランドとして、カーレースにおけるその存在が歴史的に正統であることを今回もまた示すことができます。