高級時計 - スイス時計
タグ・ホイヤーのメンズ時計&レディース時計:計時が芸術に進化する場所

スイス時計と高級時計は共に高い品質と精度で知られ、同義語のようにとらえられています。そして、そのスイス時計の世界において、タグ・ホイヤーのタイムピースは唯一無二の存在感を放ちます。アバンギャルドなデザインと最新のテクノロジーを誇るタグ・ホイヤーのタイムピースは単なる高級時計やスポーツウォッチの枠を超えて、独自の領域を築いています。

タグ・ホイヤーは職人の手によるクラフツマンシップに最高かつ最新のテクノロジーを融合し、革新や卓越を追求しながらも伝統を重んじるメンズ時計とレディース時計を作り上げています。決然たるモダニティと時代を超える洗練性を備えたタグ・ホイヤーの時計の魅力は圧倒的な美しさだけではありません。その自動巻時計は振動数を毎時21,600回から毎時36,000回(キャリバー360)にまで高めることによって優れた機械的精度を保証します。このような理由から、自動巻時計に搭載されたムーブメントの多くは栄誉あるスイス公式クロノメーター検定協会(C.O.S.C.)からの認定を受けています。

それゆえに、タグ・ホイヤーのクロノグラフが正確な計時という点でスイス時計の最高峰と称えられることも当然の成り行きなのです。これらの高級スポーツウォッチは世界で最も栄誉あるレースイベントの一つ、モナコ グランプリのオフィシャルタイムキーパーという重責を担っています。さらに、タグ・ホイヤーはアメリカスカップを制したオラクル・チームUSAやフォーミュラ1で高い評価を受けるコンストラクター、マクラーレンとパートナーシップを結び、スピードと計時精度の完璧なマリアージュを実現しています。

タグ・ホイヤーのタイムピースは美しさという点でも圧倒的な存在感を放ちます。各分野のエキスパートたちが手作業で仕上げる高級スイス時計は最高の素材を完璧な調和で組み合わせています。なめらかなカーフスキンや上質のアリゲーターレザー、貴重なソリッドゴールド、頑強なステンレススチールをはじめとする伝統素材から最高のものを融合するか、あるいはハイテクラバーやモダンファブリックなどの最先端かつ現代的な素材によるアクセントを加えるかにかかわらず、タグ・ホイヤーはスポーツウォッチと高級時計の境界をあえて曖昧にしています。さらに、ブラッシュ仕上げやブラック仕上げ、ルテニウム加工をはじめとする上質の仕上げは洗練と革新を備え、時計に見た目の美しさだけでなく確固たる実用性をもたらします。

一方で、女性用時計は控えめなエレガンスを極めています。とりわけ、ダイヤモンド時計はタグ・ホイヤー カレラやモナコ、リンク、アクアレーサー、タグ・ホイヤー フォーミュラ1といったタグ・ホイヤーの名声を支える代表的な男性用時計に女性らしい輝きのアクセントを加えています。高級素材と小型のフォルムを特徴とする、スタイリッシュな女性用タイムピースは1世紀を超える歴史の中でブランドのDNAの一部となった最高のクラフツマンシップと完璧な精度の伝統を継承しています。

タグ・ホイヤーのタイムピースは単に高級であることや優れた精度を備えているだ

けでなく、スイスのクラフツマンシップにおける最高の技術を未来に向かって力強く押し上げるという重責を担っています。崇高なまでの美しさと確固たる信頼性、精巧な手作業と圧倒的なハイテク、コンテンポラリーと洗練、タグ・ホイヤーは男性用、女性用を問わず高級時計に新たな意味を与えます。

26 5月. タグ・ホイヤーとモナコ:時代を変化させる、レース界の先駆者

モータースポーツで最も魅力的なレース、モナコグランプリ前夜の5月24日、タグ・ホイヤーはモナコ湾に停泊しているブランドカラーのラグジュアリーヨットで、毎年恒例の船上VIPパーティーを開催しました。参加者の中には、タグ・ホイヤーが長年パートナーを務めているマクラーレン・メルセデスの姿もありました。スイス製高級クロノグラフの世界的リーダーであるタグ・ホイヤーと、モータースポーツ界屈指の華麗なレースの運営組織であるACM(モナコ自動車クラブ)との注目度の高いパートナーシップは、お互いの価値観や方針を共有することによってさらに深く結びついています。

タグ・ホイヤーとモナコ:時代を変化させる先駆者たち

1911年、ACMはヨーロッパ全土からドライバーを集めたイベント、ラリー・モンテカルロを初開催しました。この時、蒸気自動車やガス自動車が冬でも大陸横断できることを証明し、また、ゴール地点であるカジノで名高いモンテカルロを有名にしました。同年、タグ・ホイヤーは自動車や飛行機の初の12時間ダッシュボード・クロノグラフとなる「タイム・オブ・トリップ」の特許を取得しました。1916年、ホイヤーはもう一つの時代を変化させる大発明、世界初の100分の1秒単位の精度を誇るストップウォッチを発表しました。1929年、ACMは世界初の市街地でのF1グランプリを開催しました。そしてその70年後、ACMは初のクリーンエネルギー・ラリーを開催しました。現在、タグ・ホイヤーとACMのパートナーシップ契約には、2014年5月に開催される第15回「モンテカルロ新エネルギー車ラリー」へのサポートも含まれています。ただし、この5月に人々の注目が集まるのはレースシーズンで最も重要なイベント、モナコグランプリです。この大会は、タグ・ホイヤーにとって長年のパートナーであるマクラーレン・メルセデスをサポートする499回目のレースとなります。歴史的に名高いこのイベントでは、タグ・ホイヤーが再び、F1の歴史に残るスイス時計ブランドとしての存在感を放つことでしょう。

F1モーターレースとの長年に渡る関わりを持つ時計ブランド、タグ・ホイヤー

1969年、時計ブランドとして初めてプロドライバー、ジョー・シフェールのスポンサーとなる。1971年、スティーブ・マックイーン主演の映画『栄光のル・マン』にタグ・ホイヤーの時計、ブランドカラー、紋章が登場。

1971~1979年、時計ブランドとして初めてグランプリチーム、スクーデリア・フェラーリのパートナーを務める。1985年~現在、29年におよぶマクラーレン・メルセデスとのパートナーシップ契約において、タグ・ホイヤーは時計ブランドとして最多のモナコ優勝15回をサポート。

1992~2003年、F1の公式計時 ‐ 1,000分の1秒単位の精度。

2004~2006年、2014年、インディ・レーシング・リーグの公式計時 - 100,00分の1秒単位の精度。

2011年~現在、モナコグランプリにおけるACM(モナコ自動車クラブ)公式パートナー。

タグ・ホイヤー:モータースポーツ用クロノグラフを開発した時計ブランド

タグ・ホイヤーはレーシングカーと時計の間に独自のつながりを築き、これをさらに向上させ、前例のないレベルにまで高級感を高めました。

モーターレースにおける最高のチーム、ドライバー、車との長年に渡るつながりを通じて、高級スポーツクロノグラフにおける世界的リーダーであるタグ・ホイヤーは、10分の1秒、100分の1秒、1,000分の1秒、10,000分の5秒といった目がくらむほどの高精度での計時を可能にしてきました。

タグ・ホイヤーとモナコ:時計ブランドとACMのパートナーシップが新たな次元へ

ファン・マヌエル・ファンジオからジェンソン・バトンに至るまで、モーターレースでワールドチャンピオンに輝いた男たち誰もがタグ・ホイヤーの伝説の一部となっています。そして、モータースポーツのほとんどすべてのレースと同様に、最高のプレステージを誇り、数々の伝説を生んできたモナコ・グランプリに勝るものはありません。

スイス時計産業において、タグ・ホイヤーほどモナコと深いつながりを持つ時計ブランドはありません。歴史的にみても、モナコで活躍したドライバーたちのスポンサーを最も多く務めてきたのはタグ・ホイヤーです。モナコで優勝したタグ・ホイヤーのアンバサダーには、ニキ・ラウダ、ジョディー・シェクター、アラン・プロスト、アイルトン・セナ、ミカ・ハッキネン、デビッド・クルサード、キミ・ライコネン、フェルナンド・アロンソ、ルイス・ハミルトンらが名を連ねています。

2011年、タグ・ホイヤーとACMは、このスイス時計ブランドを世界で最も華麗なイベントのひとつであるモナコ・グランプリにおけるACMのオフィシャル・ウォッチ&クロノグラフ&アイウェア・パートナーに任命するというモータースポーツの歴史に残る契約を締結しました。

タグ・ホイヤーとモナコ 2014:最前線で走り抜ける

タグ・ホイヤーの現在に至るまでのすべてのレース・パートナーシップと同様に、タグ・ホイヤーが行うことはブランドカラーの旗を吊るしたり、一緒に優勝をシャンパンで祝ったりすることだけではありません。レースがスタートする前から、タグ・ホイヤーはピットやパドックでドライバーやクルーたちと一緒に準備を行っています。

最高のプレステージを誇るこのイベントは、タグ・ホイヤーのレース用の最新モデルを発表する最高の舞台です:

モナコ (37mm) キャリバー 6 自動巻 2014 – フルブラック

時代を変化させるまったく新しいデザインと長年に渡るレース界の伝説:タグ・ホイヤーは1969年にモナコを発表しましたが、この時、タグ・ホイヤーはスクエアケースを備えた防水時計と自動巻クロノグラフという2つの世界初を達成しました。その翌年、スティーブ・マックイーンはそのデザインを気に入り、映画『栄光のル・マン』でこれを身につけました。伝説の俳優によって、この時計はアイコン的存在となりました。その後時は過ぎましたが、依然として最新モデルのモナコ キャリバー6 自動巻 2014は時代の最先端を走っています。

スティーブ・マックイーンのようにタフで、最高のプレステージを誇るレースのようにスリリングな2014モナコ キャリバー6は、モナコの世界観に完璧にフィットしています。この新しいモデルは、ブラック・チタンカーバイドでコーティングされたケース(特別なサテン仕上げとポリッシュ仕上げ)とリューズ、ホワイトの夜光マーカーとハイコントラストのレッドのスモールセコンド針、オパーリン仕上げのブラックのサブカウンターが付属したブラックの文字盤といった妥協のないスタイルと斬新なオールブラックのデザインを備えています。レッドのライニングを備えた穴のあいたカーフスキンレザーのストラップが、男性らしさの最後の仕上げとなっています。

2014年5~9月のみの限定販売

カレラ (43mm) キャリバー 1887 クロノグラフ

モナコ グランプリ限定エディション

プロドライバーとスポーツカーファンのためにデザインされた世界初のスポーツクロノグラフとして唯一無二の存在であるカレラは、タグ・ホイヤーにおける比類なきモータースポーツの伝統の重要な担い手です。

1963年にジャック・ホイヤーによって製作され、危険で過酷なロードレース「カレラ・パナメリカーナ・メキシコ」にちなんで名付けられたこの時計は、フェラーリ ドライバーたちの標準装備となりました。1970年、ジャック・イクシ、クレイ・レガツォーニ、マリオ・アンドレッティ、カルロス・ロイテマン、ジョディー・シェクターらのスクーデリアのすべてのメンバーは、自分の名前と血液型が刻印されたソリッドゴールド製のカレラを身につけていました。 それ以来、アラン・プロスト、デビッド・クルサード、キミ・ライコネン、フェルナンド・アロンソ、ルイス・ハミルトン、ジェンソン・バトンなど、すべてのタグ・ホイヤーのドライバーたちがこの時計を身につけています。

新たにカレラの伝説に加わるこの最新モデルは、マクラーレン ドライバーたちの標準装備であり、モナコグランプリへの敬意を表しています。そのタキメータースケールを備えたセラミック製ベゼルにはレッドで「Monaco Grand Prix」の文字が刻印されており、また、サファイアケースバックには、限定エディション番号(0001/2,500)と共に公式ロゴが刻印されています。ガラスの下で、100%タグ・ホイヤー社製のキャリバー1887ムーブメントが鼓動している姿を眺めることができます。魅惑的な文字盤はブラックで、2本のグレーのストライプとレッドのラインが入っています。針と手作業で取り付けられたアラビア数字には、特殊な「ブラックゴールド」プレートが施されています。43mmのケースは、サンドブラスト仕上げのグレード2チタン製で、ブラック・チタンカーバイドでコーティングされています。ブラックのラバーストラップには、カレラが誕生した1963年にF1で使われていたタイヤにインスパイアされたユニークなデザインが装飾されています。本格的なレースの知識を採用したレーシングデザインは、独自の伝統への敬意を表しています。

カレラ “ダッシュボード” (45mm) キャリバー1887 クロノグラフ

この壮麗なクロノグラフは、ホイヤーの初期のダッシュボードタイマーや、2012年のジュネーブ時計グランプリにおいてスイス時計産業最高の栄誉、エギーユ ドール賞を受賞したタグ・ホイヤー カレラ マイクログラフからデザインのヒントを得ています。クラシカルなストップウォッチとカーレースにインスパイアされたデザイン要素は、サンレイ装飾や手作業で取り付けられたアラビア数字を備えたブラックの文字盤、シルバーポリッシュ仕上げのアウトラインを持つクロノグラフのサブカウンターなどに見られます。45mmのケースはポリッシュ仕上げ、サテン仕上げ、サンドブラスト仕上げのスチールとチタン製で、ブラック・チタンカーバイドでコーティングされた固定ベゼルとサイドを備えています。スモークサファイアのケースバックからは、魅惑的な自社製キャリバー1887 ムーブメントを眺めることができます。ストラップはソフトタッチのブラックアリゲーター製で、ブラック・チタン製のフォールディングクラスプと安全プッシュボタンが付属しています。あらゆる面で、このクロノグラフは伝統にとらわれず、究極の性能を求めるタグ・ホイヤーへの敬意を表しています。

タグ・ホイヤー カレラ キャリバー1887 クロノグラフ 43mmの詳細を見る

タグ・ホイヤー カレラ キャリバー1887 クロノグラフ 45mmの詳細を見る

モナコ キャリバー6 自動巻ウォッチ 37mmの詳細を見る