高級時計 - スイス時計
タグ・ホイヤーのメンズ時計&レディース時計:計時が芸術に進化する場所

スイス時計と高級時計は共に高い品質と精度で知られ、同義語のようにとらえられています。そして、そのスイス時計の世界において、タグ・ホイヤーのタイムピースは唯一無二の存在感を放ちます。アバンギャルドなデザインと最新のテクノロジーを誇るタグ・ホイヤーのタイムピースは単なる高級時計やスポーツウォッチの枠を超えて、独自の領域を築いています。

タグ・ホイヤーは職人の手によるクラフツマンシップに最高かつ最新のテクノロジーを融合し、革新や卓越を追求しながらも伝統を重んじるメンズ時計とレディース時計を作り上げています。決然たるモダニティと時代を超える洗練性を備えたタグ・ホイヤーの時計の魅力は圧倒的な美しさだけではありません。その自動巻時計は振動数を毎時21,600回から毎時36,000回(キャリバー360)にまで高めることによって優れた機械的精度を保証します。このような理由から、自動巻時計に搭載されたムーブメントの多くは栄誉あるスイス公式クロノメーター検定協会(C.O.S.C.)からの認定を受けています。

それゆえに、タグ・ホイヤーのクロノグラフが正確な計時という点でスイス時計の最高峰と称えられることも当然の成り行きなのです。これらの高級スポーツウォッチは世界で最も栄誉あるレースイベントの一つ、モナコ グランプリのオフィシャルタイムキーパーという重責を担っています。さらに、タグ・ホイヤーはアメリカスカップを制したオラクル・チームUSAやフォーミュラ1で高い評価を受けるコンストラクター、マクラーレンとパートナーシップを結び、スピードと計時精度の完璧なマリアージュを実現しています。

タグ・ホイヤーのタイムピースは美しさという点でも圧倒的な存在感を放ちます。各分野のエキスパートたちが手作業で仕上げる高級スイス時計は最高の素材を完璧な調和で組み合わせています。なめらかなカーフスキンや上質のアリゲーターレザー、貴重なソリッドゴールド、頑強なステンレススチールをはじめとする伝統素材から最高のものを融合するか、あるいはハイテクラバーやモダンファブリックなどの最先端かつ現代的な素材によるアクセントを加えるかにかかわらず、タグ・ホイヤーはスポーツウォッチと高級時計の境界をあえて曖昧にしています。さらに、ブラッシュ仕上げやブラック仕上げ、ルテニウム加工をはじめとする上質の仕上げは洗練と革新を備え、時計に見た目の美しさだけでなく確固たる実用性をもたらします。

一方で、女性用時計は控えめなエレガンスを極めています。とりわけ、ダイヤモンド時計はタグ・ホイヤー カレラやモナコ、リンク、アクアレーサー、タグ・ホイヤー フォーミュラ1といったタグ・ホイヤーの名声を支える代表的な男性用時計に女性らしい輝きのアクセントを加えています。高級素材と小型のフォルムを特徴とする、スタイリッシュな女性用タイムピースは1世紀を超える歴史の中でブランドのDNAの一部となった最高のクラフツマンシップと完璧な精度の伝統を継承しています。

タグ・ホイヤーのタイムピースは単に高級であることや優れた精度を備えているだ

けでなく、スイスのクラフツマンシップにおける最高の技術を未来に向かって力強く押し上げるという重責を担っています。崇高なまでの美しさと確固たる信頼性、精巧な手作業と圧倒的なハイテク、コンテンポラリーと洗練、タグ・ホイヤーは男性用、女性用を問わず高級時計に新たな意味を与えます。

22 9月. TAG Heuer presents Vodafone McLaren Mercedes pitcrew

  • Button and Jean Christophe Babin

A sub-2.500-second Formula pitstop is completed in less time than it takes to finish reading this sentence.

But celebrating that moment? That’s timeless.

And that’s why, at this weekend’s Singapore Grand Prix, TAG Heuer, official timekeeper & official watch of Vodafone McLaren Mercedes, chose to present the 25 crew members responsible for the world’s first sub-2.500-second pitstop with a precious reminder of the value of time.

As a personal thank-you gift from TAG Heuer, each pit-crew member will receive a TAG Heuer Carrera Day-Date watch as a unique reminder of Formula 1’s fastest-ever pitstop (achieved at the Santander German Grand Prix on Jenson Button’s car).

The back of each timepiece will be engraved with a message reading ‘world record pitstop – first sub 2.500-seconds’.

Jean-Christophe Babin, President & CEO of TAG Heuer said: “This record is incredible, not only the performance itself but also because it shows how Vodafone McLaren Mercedes team is looking for mastering time & precision so does TAG Heuer! As a partner for more than 25 years, we are really proud of Vodafone McLaren Mercedes performance.”

Vodafone McLaren Mercedes team principal Martin Whitmarsh said: “Every element of a grand prix team works with the complex perfection of a Swiss watch mechanism – and a successful pitstop is no exception. Although it may look straightforward, the successful execution of a stop is the result of hundreds of hours of intense analysis and preparation.“Nowadays, the closeness of the field means a successful stop can even make the difference between winning or losing a grand prix. “This unique gift from TAG Heuer is a timely reward for the entire crew’s efforts, but, rest assured, there will be no let-up in focus or determination from Vodafone McLaren Mercedes for the remainder of the season.”

Jenson Button said: “A Formula 1 pitstop is the perfect representation of seamless teamwork. Every movement needs to work in perfect sync for a stop to be a success; if a single motion isn’t synced, then the whole thing fails to work. “Getting it right has become an art-form, and I’m incredibly proud that the Vodafone McLaren Mercedes team has worked so hard to become the best in the pitlane.

“They deserve recognition for their efforts, and this gift from TAG Heuer will be the perfect motivation for maintaining their excellent record.” The Vodafone McLaren Mercedes team has been recognised as achieving the fastest race stop time at every race since the Canadian Grand Prix in June – that’s seven successive grands prix.

Makes you stop and think, doesn’t it?