高級時計 - スイス時計
タグ・ホイヤーのメンズ時計&レディース時計:計時が芸術に進化する場所

スイス時計と高級時計は共に高い品質と精度で知られ、同義語のようにとらえられています。そして、そのスイス時計の世界において、タグ・ホイヤーのタイムピースは唯一無二の存在感を放ちます。アバンギャルドなデザインと最新のテクノロジーを誇るタグ・ホイヤーのタイムピースは単なる高級時計やスポーツウォッチの枠を超えて、独自の領域を築いています。

タグ・ホイヤーは職人の手によるクラフツマンシップに最高かつ最新のテクノロジーを融合し、革新や卓越を追求しながらも伝統を重んじるメンズ時計とレディース時計を作り上げています。決然たるモダニティと時代を超える洗練性を備えたタグ・ホイヤーの時計の魅力は圧倒的な美しさだけではありません。その自動巻時計は振動数を毎時21,600回から毎時36,000回(キャリバー360)にまで高めることによって優れた機械的精度を保証します。このような理由から、自動巻時計に搭載されたムーブメントの多くは栄誉あるスイス公式クロノメーター検定協会(C.O.S.C.)からの認定を受けています。

それゆえに、タグ・ホイヤーのクロノグラフが正確な計時という点でスイス時計の最高峰と称えられることも当然の成り行きなのです。これらの高級スポーツウォッチは世界で最も栄誉あるレースイベントの一つ、モナコ グランプリのオフィシャルタイムキーパーという重責を担っています。さらに、タグ・ホイヤーはアメリカスカップを制したオラクル・チームUSAやフォーミュラ1で高い評価を受けるコンストラクター、マクラーレンとパートナーシップを結び、スピードと計時精度の完璧なマリアージュを実現しています。

タグ・ホイヤーのタイムピースは美しさという点でも圧倒的な存在感を放ちます。各分野のエキスパートたちが手作業で仕上げる高級スイス時計は最高の素材を完璧な調和で組み合わせています。なめらかなカーフスキンや上質のアリゲーターレザー、貴重なソリッドゴールド、頑強なステンレススチールをはじめとする伝統素材から最高のものを融合するか、あるいはハイテクラバーやモダンファブリックなどの最先端かつ現代的な素材によるアクセントを加えるかにかかわらず、タグ・ホイヤーはスポーツウォッチと高級時計の境界をあえて曖昧にしています。さらに、ブラッシュ仕上げやブラック仕上げ、ルテニウム加工をはじめとする上質の仕上げは洗練と革新を備え、時計に見た目の美しさだけでなく確固たる実用性をもたらします。

一方で、女性用時計は控えめなエレガンスを極めています。とりわけ、ダイヤモンド時計はタグ・ホイヤー カレラやモナコ、リンク、アクアレーサー、タグ・ホイヤー フォーミュラ1といったタグ・ホイヤーの名声を支える代表的な男性用時計に女性らしい輝きのアクセントを加えています。高級素材と小型のフォルムを特徴とする、スタイリッシュな女性用タイムピースは1世紀を超える歴史の中でブランドのDNAの一部となった最高のクラフツマンシップと完璧な精度の伝統を継承しています。

タグ・ホイヤーのタイムピースは単に高級であることや優れた精度を備えているだ

けでなく、スイスのクラフツマンシップにおける最高の技術を未来に向かって力強く押し上げるという重責を担っています。崇高なまでの美しさと確固たる信頼性、精巧な手作業と圧倒的なハイテク、コンテンポラリーと洗練、タグ・ホイヤーは男性用、女性用を問わず高級時計に新たな意味を与えます。

15 5月. タグ・ホイヤー、FIA フォーミュラEチャンピオンシップとグローバルパートナーショップを締結

スポーツにインスパイアされたラグジュアリーウォッチを生み出し続ける世界No.1ブランド、タグ・ホイヤーはFIA(国際自動車連盟)が新たに開始するレースシリーズ、フォーミュラEの公式計時担当およびオフィシャル ウォッチ&クロノグラフパートナー、さらに技術的支援を提供する共同設立者に就任する契約に署名しました。これにより、両者のパートナーシップが2014年9月から開始されます。

スイスのラ・ショー・ド・フォンにあるタグ・ホイヤー本社において、タグ・ホイヤーCEO ジャン-クリストフ・ババンとアレハンドロ・アガグ フォーミュラEホールディングスCEOの間で契約が取り交わされました。

ジャン-クリストフ・ババンは次のように述べています。「電気自動車で争われる世界最高峰レースへの参画により、タグ・ホイヤーはモータースポーツへの取り組みにおいて新たな局面を迎えます。つまり、このパートナーシップには長きにわたるレースへの情熱を継承するということだけでなく、持続可能性への取り組みという2つの意味があるのです。タグ・ホイヤーでは創業当初から自動車への深い情熱が原動力となり、技術革新やパフォーマンスの向上を推進しています。1911年には初のダッシュボード・クロノグラフで特許を取得し、1969年には他に先駆けてドライバーのジョー・シフェールをアンバサダーに起用しました。さらに、70年代にはフェラーリのF1チームに対して「非技術的」サポートを提供するパートナーシップ契約を締結。以後現在までマクラーレンとそのドライバーに同種のサポートを提供しています。これ以外にも、インディ500を始め、ル・マンや世界耐久選手権に参戦するアウディ・スポーツ、伝説のモナコGPとのパートナーシップを通じて、タグ・ホイヤーは精度を記録的なレベルにまで押し上げました。

一方、タグ・ホイヤーでは長年にわたって持続可能な開発活動を重視し、スイスにある製造工場の屋根には太陽光発電用パネルを設置しています。2010年にはテスラ社と共同で100%電気を動力源とするGTカーによる世界初のワールドツアーを企画、2011年にはパリ・ベルシーのエレクトリック マスターズ カートともパートナーシップを締結しました。フォーミュラEへの参画も自然の流れと言えるでしょう。 」

さらに、アレハンドロ・アガグも次のように述べています、「タグ・ホイヤーはFIA フォーミュラEチャンピオンシップにとって完璧なパートナーであることは明白であり、私たちは名声と卓越性、専門知識を備えたブランドと共に開幕シーズンを迎えることができることを嬉しく思っています。タグ・ホイヤーのモータースポーツへの深い情熱は150年を超える歴史があり、テクノロジーを駆使して最高レベルのパフォーマンスを追求する姿勢は私たちのチャンピオンシップが掲げる理念に共通します。共同設立者として、タグ・ホイヤーは私たちに世界的なコミュニケーションプラットフォームを提供してくれるだけでなく、チームやドライバー、メディア、世界中のファンたちに最高のサポートを提供してくれるでしょう。」

ロンドン、ローマ、ロサンゼルス、マイアミ、リオ、ブエノスアイレス、北京など世界10都市の市街地コースでレースが行われる2014年シーズンでは、スイスの有名ブランド、タグ・ホイヤーの計時部門、タグ・ホイヤー プロフェッショナル タイミングが計時を担当します。さらに、このチャンピオンシップに参画する唯一の時計ブランドとして世界全ての開催都市でコース脇に看板を設置します。


6月1日付けでタグ・ホイヤーの新CEOに就任するステファン・リンダーは「タグ・ホイヤーはプロのモーターレースならではのテクノロジーやデザイン、芸術性にインスピレーションを得て、世界で最も正確で信頼性が高く、スリリングなタイムピースを製造しています。フォーミュラEは電気自動車や持続可能な自動車社会への関心や投資を促すでしょう。私たちはこの崇高で刺激的な取り組みへの参加を心待ちにしていますが、すでに両者は革新、パフォーマンス、持続可能な開発活動という共通の価値観を共有しています。もちろん、その根底には世界最速スポーツへの深くて不変の情熱があることは言うまでもありません。」

フォーミュラE最新マシン


さらに本日の発表では、フォーミュラE最新マシンの公式画像も初公開しています。これは現在スパーク・レーシング・テクノロジーで製造中のもので、シャーシはダラーラ、タイヤはミシュラン、そしてパワートレインはタグ・ホイヤーのパートナーであるマクラーレンが設計から組み立てを担当しています。