高級時計 - スイス時計
タグ・ホイヤーのメンズ時計&レディース時計:計時が芸術に進化する場所

スイス時計と高級時計は共に高い品質と精度で知られ、同義語のようにとらえられています。そして、そのスイス時計の世界において、タグ・ホイヤーのタイムピースは唯一無二の存在感を放ちます。アバンギャルドなデザインと最新のテクノロジーを誇るタグ・ホイヤーのタイムピースは単なる高級時計やスポーツウォッチの枠を超えて、独自の領域を築いています。

タグ・ホイヤーは職人の手によるクラフツマンシップに最高かつ最新のテクノロジーを融合し、革新や卓越を追求しながらも伝統を重んじるメンズ時計とレディース時計を作り上げています。決然たるモダニティと時代を超える洗練性を備えたタグ・ホイヤーの時計の魅力は圧倒的な美しさだけではありません。その自動巻時計は振動数を毎時21,600回から毎時36,000回(キャリバー360)にまで高めることによって優れた機械的精度を保証します。このような理由から、自動巻時計に搭載されたムーブメントの多くは栄誉あるスイス公式クロノメーター検定協会(C.O.S.C.)からの認定を受けています。

それゆえに、タグ・ホイヤーのクロノグラフが正確な計時という点でスイス時計の最高峰と称えられることも当然の成り行きなのです。これらの高級スポーツウォッチは世界で最も栄誉あるレースイベントの一つ、モナコ グランプリのオフィシャルタイムキーパーという重責を担っています。さらに、タグ・ホイヤーはアメリカスカップを制したオラクル・チームUSAやフォーミュラ1で高い評価を受けるコンストラクター、マクラーレンとパートナーシップを結び、スピードと計時精度の完璧なマリアージュを実現しています。

タグ・ホイヤーのタイムピースは美しさという点でも圧倒的な存在感を放ちます。各分野のエキスパートたちが手作業で仕上げる高級スイス時計は最高の素材を完璧な調和で組み合わせています。なめらかなカーフスキンや上質のアリゲーターレザー、貴重なソリッドゴールド、頑強なステンレススチールをはじめとする伝統素材から最高のものを融合するか、あるいはハイテクラバーやモダンファブリックなどの最先端かつ現代的な素材によるアクセントを加えるかにかかわらず、タグ・ホイヤーはスポーツウォッチと高級時計の境界をあえて曖昧にしています。さらに、ブラッシュ仕上げやブラック仕上げ、ルテニウム加工をはじめとする上質の仕上げは洗練と革新を備え、時計に見た目の美しさだけでなく確固たる実用性をもたらします。

一方で、女性用時計は控えめなエレガンスを極めています。とりわけ、ダイヤモンド時計はタグ・ホイヤー カレラやモナコ、リンク、アクアレーサー、タグ・ホイヤー フォーミュラ1といったタグ・ホイヤーの名声を支える代表的な男性用時計に女性らしい輝きのアクセントを加えています。高級素材と小型のフォルムを特徴とする、スタイリッシュな女性用タイムピースは1世紀を超える歴史の中でブランドのDNAの一部となった最高のクラフツマンシップと完璧な精度の伝統を継承しています。

タグ・ホイヤーのタイムピースは単に高級であることや優れた精度を備えているだ

けでなく、スイスのクラフツマンシップにおける最高の技術を未来に向かって力強く押し上げるという重責を担っています。崇高なまでの美しさと確固たる信頼性、精巧な手作業と圧倒的なハイテク、コンテンポラリーと洗練、タグ・ホイヤーは男性用、女性用を問わず高級時計に新たな意味を与えます。

19 5月. 1台目のフォーミュラE レースカーが各チームの手に

  • 1

ドニントンパークに新しいフォーミュラE本部と各チーム専用施設がオープン

英国、レスタシャー(2014年5月15日): 本日、新しいFIAフォーミュラE チャンピオンシップに参戦する10チームに1台目のスパーク・ルノーSRT_01Eレースカーが引き渡されました。同時に、最新技術を集結させた施設が正式にオープンしました。

スケジュール通り、各チームに化石燃料を使用しないシングルシーターの完全電気自動車が1台ずつが受け渡されました。これは、スパーク・レーシング・テクノロジーが設計および製造を手がけ、モータースポーツ界大手のマクラーレン、ウィリアムズ、ダラーラ、ルノー、ミシュランによる協力のもと、共同事業として完成を遂げました。

およそ14週間かけて44,000平方フィートの敷地に建設された最先端の施設は、今後3年以上の間フォーミュラEの運営本部として使用されます。この施設には総勢150名以上にのぼるスタッフのためのオフィス、ストア、ワークショップなどが用意されています。

このイベントには、フォーミュラEのCEOであるアレハンドロ・アガグ、ドニントンパークのオーナー兼社長ケビン・ウィートクロフトによって招待された250人以上のゲストが参加しました。その中には、ヴァージンレーシングのドライバーとして発表されたサム・バードとハイメ・アルグエルスアリ、e.damsの共同チームマネージャーであるアラン・プロスト、州議会議員、ノースウェスト・レスタシャー・カウンシルの州知事、LLEP(レスター&レスタシャー産業パートナーシップ)の委員、地方の名士、マスコミ関係者などの姿が見られました。

アレハンドロ・アガグは次のようにコメントしています。「今日は、FIAフォーミュラE チャンピオンシップの創世記において非常に重要なマイルストーンとなりました。我々がこの150mphの素晴らしい完全電気自動車を発表したのは2013年9月のことでした。3000km以上におよぶ厳しい実験を経て、ついに10のチームにこの車を引き渡すことができたことを大変嬉しく思います。これを実現させてくれたフレデリック・ヴァスールとスパーク・レーシング・テクノロジーの彼のチーム、そして開発に携わった我々のパートナー、マクラーレン、ウィリアムズ、ダラーラ、ルノー、ミシュランにとても感謝しています。

今日、最新の環境および持続可能な建築基準で建設した新しい施設に全チームを正式に迎えました。ケビン・ウィートクロフトおよびクリストファー・テートが率いるドニントンパーク・チームと共に、ノースウェスト・レスタシャー・カウンシル、LLEP(レスタシャー地域産業パートナーシップ)、地域成長ファンドの協力によって、このような短期間で目標を達成できたことを誇りに思っています。我々にとって新しい運営本部のオープンは喜ばしい出来事であり、急速に成長する英国のモータースポーツ産業の一端を担っていることを光栄に思います。」

フォーミュラEは、FIAが新たに開催するシングルシーターの完全電気自動車によるチャンピオンシップであり、これは新世代のモータースポーツのファンの注目を集めるだけではなく、同時に電気自動車および持続可能性への関心を高めることを目的としています。レースは市街地に一時的に設けられたトラックを使って行われ、150mph(225kph)以上のスピードを出せる車が使用されます。参戦する10チームには、アラン・プロストやマイケル・アンドレッティなどの国際的に有名なドライバーだけでなく、サー・リチャード・ブランソンなどの環境保護活動家も携わっています。現時点で全10チームの20人のドライバーのうち、ルーカス・ディ・グラッシ、ダニエル・アブト、サム・バード、ハイメ・アルグエルスアリの4人の名前が発表されています。

ドニントンパーク・レーシングLtdの会長であるケビン・ウィートクロフトは次のように述べています。「建設開始からわずか14週間でこれらすべてを作り上げたフォーミュラEの作業グループ、ドニントンパークの建設会社およびスタッフたちに心からの賞賛を捧げます。今日という日はドニントンパークに関わるすべての人々にとって、英国のモータースポーツ産業の中心に返り咲くことのできたとても誇らしい日です。我々はこの施設内のフォーミュラE本部で働くことになる150人の高度な技術を持ったエンジニアたちを迎えることを楽しみにしています。また、今後も開発や改善が続けられていくことを期待しています。今後も間違いなくドニントンパークにとって刺激的な時期が続くことでしょう。」

ドニントンパークでは、7月3日からフォーミュラE プレシーズン・テストが開催され、期間中の5日間は無料で一般公開されます。次のフォーミュラE カーの納入は6月16日を予定しており、各チームには7月15日までに合計4台が引き渡されます。世界10都市で行われるフォーミュラE レースの初戦は、9月13日に北京での開催を予定しています。

フォーミュラEの商業面は、今後もロンドン オフィスが担当致します。

また、このイベントでは、アレハンドロ・アガグによって、テクニカル・パートナーのルノーが開発した完全電気自動車ZOEが紹介されました。

フォーミュラEについての詳細は公式サイト(www.fiaformulae.com)ご覧いただけます。ドニントンパークの詳細およびプレシーズン・テストの無料登録については、www.donington-park.co.ukにてご覧いただけます。