高級時計 - スイス時計
タグ・ホイヤーのメンズ時計&レディース時計:計時が芸術に進化する場所

スイス時計と高級時計は共に高い品質と精度で知られ、同義語のようにとらえられています。そして、そのスイス時計の世界において、タグ・ホイヤーのタイムピースは唯一無二の存在感を放ちます。アバンギャルドなデザインと最新のテクノロジーを誇るタグ・ホイヤーのタイムピースは単なる高級時計やスポーツウォッチの枠を超えて、独自の領域を築いています。

タグ・ホイヤーは職人の手によるクラフツマンシップに最高かつ最新のテクノロジーを融合し、革新や卓越を追求しながらも伝統を重んじるメンズ時計とレディース時計を作り上げています。決然たるモダニティと時代を超える洗練性を備えたタグ・ホイヤーの時計の魅力は圧倒的な美しさだけではありません。その自動巻時計は振動数を毎時21,600回から毎時36,000回(キャリバー360)にまで高めることによって優れた機械的精度を保証します。このような理由から、自動巻時計に搭載されたムーブメントの多くは栄誉あるスイス公式クロノメーター検定協会(C.O.S.C.)からの認定を受けています。

それゆえに、タグ・ホイヤーのクロノグラフが正確な計時という点でスイス時計の最高峰と称えられることも当然の成り行きなのです。これらの高級スポーツウォッチは世界で最も栄誉あるレースイベントの一つ、モナコ グランプリのオフィシャルタイムキーパーという重責を担っています。さらに、タグ・ホイヤーはアメリカスカップを制したオラクル・チームUSAやフォーミュラ1で高い評価を受けるコンストラクター、マクラーレンとパートナーシップを結び、スピードと計時精度の完璧なマリアージュを実現しています。

タグ・ホイヤーのタイムピースは美しさという点でも圧倒的な存在感を放ちます。各分野のエキスパートたちが手作業で仕上げる高級スイス時計は最高の素材を完璧な調和で組み合わせています。なめらかなカーフスキンや上質のアリゲーターレザー、貴重なソリッドゴールド、頑強なステンレススチールをはじめとする伝統素材から最高のものを融合するか、あるいはハイテクラバーやモダンファブリックなどの最先端かつ現代的な素材によるアクセントを加えるかにかかわらず、タグ・ホイヤーはスポーツウォッチと高級時計の境界をあえて曖昧にしています。さらに、ブラッシュ仕上げやブラック仕上げ、ルテニウム加工をはじめとする上質の仕上げは洗練と革新を備え、時計に見た目の美しさだけでなく確固たる実用性をもたらします。

一方で、女性用時計は控えめなエレガンスを極めています。とりわけ、ダイヤモンド時計はタグ・ホイヤー カレラやモナコ、リンク、アクアレーサー、タグ・ホイヤー フォーミュラ1といったタグ・ホイヤーの名声を支える代表的な男性用時計に女性らしい輝きのアクセントを加えています。高級素材と小型のフォルムを特徴とする、スタイリッシュな女性用タイムピースは1世紀を超える歴史の中でブランドのDNAの一部となった最高のクラフツマンシップと完璧な精度の伝統を継承しています。

タグ・ホイヤーのタイムピースは単に高級であることや優れた精度を備えているだ

けでなく、スイスのクラフツマンシップにおける最高の技術を未来に向かって力強く押し上げるという重責を担っています。崇高なまでの美しさと確固たる信頼性、精巧な手作業と圧倒的なハイテク、コンテンポラリーと洗練、タグ・ホイヤーは男性用、女性用を問わず高級時計に新たな意味を与えます。

27 3月. ジャック・ホイヤー、「The Times of My Life」でタグ・ホイヤーを語る

  • 1

    Jack Heuer

ジャック・ホイヤーがスイス時計製造の歴史を通し、スイスの時計業界におけるその輝かしいキャリアを語ります。

ストーリーは1860年に始まります。エドワード・ホイヤーは、この年スイスのサン・ティミエに「Ed. Heuer &Co.」という小さな時計製造工房を設立しました。スイスブランド タグ・ホイヤーの精神の父であり、名誉会長であるジャック・W・ホイヤーは、エドワード・ホイヤーのひ孫にあたります。154年の時を経た今、自叙伝「The Times of My Life」でその秘密を明かします。

スイス時計製造の最後の生ける伝説である彼のストーリーは、未だかつて記録として残されたことはありませんでした。時計製造業界で活躍し続けるホイヤー家の最後の一員として、ジャック・ホイヤーは記録を残すことを決めたのです。「私はホイヤー家の4代目です。私の人生は公私ともに時計製造業界と密接なつながりを持ってきました。そんな私の人生の歴史とストーリーを皆さんと分かち合いたいと思ったのです。」

予想外の展開に満ち溢れた長いキャリアを振り返って真摯に自己を見つめ直し、情熱的にまとめた幾多の逸話のひとつひとつが、ブランドを取り巻く人々の中に50年以上にわたり生き続けています。

「ジャックの最も偉大な功績は、1970年に映画『栄光のル・マン』を撮影中だったスティーブ・マックイーンに、モナコ クロノグラフをつけてもらうことができたことでしょう。」とタグ・ホイヤーの元CEOジャン-クリストフ・ババン(2001-2013)はこの本の序文で述べています。さらに「長年にわたるファミリービジネスの舵取りはジャックのビジョンとインスピレーションなくして、タグ・ホイヤーを今日のような成功に導くことはできなかったでしょう。」

ジャック・ホイヤーの本(英語)はこちらからダウンロードできます。