高級時計 - スイス時計
タグ・ホイヤーのメンズ時計&レディース時計:計時が芸術に進化する場所

スイス時計と高級時計は共に高い品質と精度で知られ、同義語のようにとらえられています。そして、そのスイス時計の世界において、タグ・ホイヤーのタイムピースは唯一無二の存在感を放ちます。アバンギャルドなデザインと最新のテクノロジーを誇るタグ・ホイヤーのタイムピースは単なる高級時計やスポーツウォッチの枠を超えて、独自の領域を築いています。

タグ・ホイヤーは職人の手によるクラフツマンシップに最高かつ最新のテクノロジーを融合し、革新や卓越を追求しながらも伝統を重んじるメンズ時計とレディース時計を作り上げています。決然たるモダニティと時代を超える洗練性を備えたタグ・ホイヤーの時計の魅力は圧倒的な美しさだけではありません。その自動巻時計は振動数を毎時21,600回から毎時36,000回(キャリバー360)にまで高めることによって優れた機械的精度を保証します。このような理由から、自動巻時計に搭載されたムーブメントの多くは栄誉あるスイス公式クロノメーター検定協会(C.O.S.C.)からの認定を受けています。

それゆえに、タグ・ホイヤーのクロノグラフが正確な計時という点でスイス時計の最高峰と称えられることも当然の成り行きなのです。これらの高級スポーツウォッチは世界で最も栄誉あるレースイベントの一つ、モナコ グランプリのオフィシャルタイムキーパーという重責を担っています。さらに、タグ・ホイヤーはアメリカスカップを制したオラクル・チームUSAやフォーミュラ1で高い評価を受けるコンストラクター、マクラーレンとパートナーシップを結び、スピードと計時精度の完璧なマリアージュを実現しています。

タグ・ホイヤーのタイムピースは美しさという点でも圧倒的な存在感を放ちます。各分野のエキスパートたちが手作業で仕上げる高級スイス時計は最高の素材を完璧な調和で組み合わせています。なめらかなカーフスキンや上質のアリゲーターレザー、貴重なソリッドゴールド、頑強なステンレススチールをはじめとする伝統素材から最高のものを融合するか、あるいはハイテクラバーやモダンファブリックなどの最先端かつ現代的な素材によるアクセントを加えるかにかかわらず、タグ・ホイヤーはスポーツウォッチと高級時計の境界をあえて曖昧にしています。さらに、ブラッシュ仕上げやブラック仕上げ、ルテニウム加工をはじめとする上質の仕上げは洗練と革新を備え、時計に見た目の美しさだけでなく確固たる実用性をもたらします。

一方で、女性用時計は控えめなエレガンスを極めています。とりわけ、ダイヤモンド時計はタグ・ホイヤー カレラやモナコ、リンク、アクアレーサー、タグ・ホイヤー フォーミュラ1といったタグ・ホイヤーの名声を支える代表的な男性用時計に女性らしい輝きのアクセントを加えています。高級素材と小型のフォルムを特徴とする、スタイリッシュな女性用タイムピースは1世紀を超える歴史の中でブランドのDNAの一部となった最高のクラフツマンシップと完璧な精度の伝統を継承しています。

タグ・ホイヤーのタイムピースは単に高級であることや優れた精度を備えているだ

けでなく、スイスのクラフツマンシップにおける最高の技術を未来に向かって力強く押し上げるという重責を担っています。崇高なまでの美しさと確固たる信頼性、精巧な手作業と圧倒的なハイテク、コンテンポラリーと洗練、タグ・ホイヤーは男性用、女性用を問わず高級時計に新たな意味を与えます。

マイクロタイマー フライング 1000

ジュネーブ時計グランプリ

スイスにおける時計製造の歴史が始まって以来の最もすぐれた機械式クロノグラフと賞賛され、実に1/1,000秒単位を計測・表示できる世界初の機械式クロノグラフが、2011ジュネーブ時計グランプリにおいて栄えある「スポーツ」部門のウォッチ オブ ザ イヤーを受賞しました。

10周年を迎えた今回の第7回ジュネーブ時計グランプリも、タグ・ホイヤーの超複雑時計を制する無比の技術力を確認するものとなりました。

 

世界最速の機械式クロノグラフ、マイクロタイマー フライイング 1000が、2011ジュネーブ時計グランプリにおいて、「スポーツ」部門のスイス ウォッチ オブ ザ イヤーを受賞しました。

 

この受賞を受けて、タグ・ホイヤー代表取締役兼CEOのジャン-クリストフ・ババンは、次のように述べています。「タグ・ホイヤーのR&Dチームは、このクロノグラフによって、これまでの常識を覆してしまいました。マイクロタイマーは、スイス時計業界の誰もが不可能だと考えていたことを実現させたのです。まさに、時計製造をまったく新しい次元にまで押しやる“飛躍的な進歩”とはこのことです。タグ・ホイヤーは、高級機械式クロノグラフ、そして超高速振動の分野におけるリーダー的存在であり、1/10秒、1/100秒、1/1,000秒それぞれを刻む独創的な機械式クロノグラフ シリーズは、すべてジュネーブ時計グランプリで賞に輝いてきました。この非常に栄誉ある賞を連続で受賞しているスイス時計ブランドはほんのわずかです」。

 

毎時360万振動が生む500ヘルツのハイビート

 

自社一貫製造のマイクロタイマーが実現したクロノグラフの概念を根本から変えてしまうほどのスピードと超高速振動数が、時計製造におけるすべての記録を塗り替えました。例えば、これまでのベストタイムは、2005年3月タグ・ホイヤーが、モジュラー式のキャリバー 360 クロノグラフで記録し、2011年1月に機械式クロノグラフ、カレラ マイクログラフ 1/100th クロノグラフを製品化することで再確認された、世界で初めての、しかも唯一の、搭載されたセンター針が表示する1/100秒単位での計測精度というものでした。マイクロタイマー フライイング 1000は、実にその記録よりも10倍も速く、スイスでも最高峰とされる99%の機械式クロノグラフと比べても、なんと125倍という驚異的な計測精度を誇ります。これにより、中央のクロノグラフ針が1秒間に10回転ものスピードで、その名の通り飛ぶように動作します。

 

特許申請中の画期的なテクノロジー

 

この マイクロタイマーには、2つの脱進機が搭載される一方、テンプやクラッチは使われていません。また、1/10、1/100、1/1,000それぞれの単位での秒表示も一目で読み取れます。かつて存在しなかったテクノロジーにはさらに、ダイナミック・レバー/ホイール・トランスミッションや、ストップさせるとランチャーがハブに戻ってヒゲゼンマイの動作を止めるランチャー・ハブ・ブレーキ・システムもあります。こうした機構とさらに他の9つの画期的な機能に関して、高振動数を誇る二重構造のムーブメントにおけるすべての次元をカバーする12件の特許を現在申請中です。

 

一方そのスタイルは、ブラックPVD加工されたケースにチタン製のラグがつき、ムーブメントはブラック・ルテニウムでコーティングされ、洗練の美しさが目を引きます。

 

タグ・ホイヤーはこれからも、計時精度を飽くことなく追求し、高級時計製造のまさに真髄であるこの分野でのさらなるイノベーションへの挑戦を必ず続けていきます。