高級時計 - スイス時計
タグ・ホイヤーのメンズ時計&レディース時計:計時が芸術に進化する場所

スイス時計と高級時計は共に高い品質と精度で知られ、同義語のようにとらえられています。そして、そのスイス時計の世界において、タグ・ホイヤーのタイムピースは唯一無二の存在感を放ちます。アバンギャルドなデザインと最新のテクノロジーを誇るタグ・ホイヤーのタイムピースは単なる高級時計やスポーツウォッチの枠を超えて、独自の領域を築いています。

タグ・ホイヤーは職人の手によるクラフツマンシップに最高かつ最新のテクノロジーを融合し、革新や卓越を追求しながらも伝統を重んじるメンズ時計とレディース時計を作り上げています。決然たるモダニティと時代を超える洗練性を備えたタグ・ホイヤーの時計の魅力は圧倒的な美しさだけではありません。その自動巻時計は振動数を毎時21,600回から毎時36,000回(キャリバー360)にまで高めることによって優れた機械的精度を保証します。このような理由から、自動巻時計に搭載されたムーブメントの多くは栄誉あるスイス公式クロノメーター検定協会(C.O.S.C.)からの認定を受けています。

それゆえに、タグ・ホイヤーのクロノグラフが正確な計時という点でスイス時計の最高峰と称えられることも当然の成り行きなのです。これらの高級スポーツウォッチは世界で最も栄誉あるレースイベントの一つ、モナコ グランプリのオフィシャルタイムキーパーという重責を担っています。さらに、タグ・ホイヤーはアメリカスカップを制したオラクル・チームUSAやフォーミュラ1で高い評価を受けるコンストラクター、マクラーレンとパートナーシップを結び、スピードと計時精度の完璧なマリアージュを実現しています。

タグ・ホイヤーのタイムピースは美しさという点でも圧倒的な存在感を放ちます。各分野のエキスパートたちが手作業で仕上げる高級スイス時計は最高の素材を完璧な調和で組み合わせています。なめらかなカーフスキンや上質のアリゲーターレザー、貴重なソリッドゴールド、頑強なステンレススチールをはじめとする伝統素材から最高のものを融合するか、あるいはハイテクラバーやモダンファブリックなどの最先端かつ現代的な素材によるアクセントを加えるかにかかわらず、タグ・ホイヤーはスポーツウォッチと高級時計の境界をあえて曖昧にしています。さらに、ブラッシュ仕上げやブラック仕上げ、ルテニウム加工をはじめとする上質の仕上げは洗練と革新を備え、時計に見た目の美しさだけでなく確固たる実用性をもたらします。

一方で、女性用時計は控えめなエレガンスを極めています。とりわけ、ダイヤモンド時計はタグ・ホイヤー カレラやモナコ、リンク、アクアレーサー、タグ・ホイヤー フォーミュラ1といったタグ・ホイヤーの名声を支える代表的な男性用時計に女性らしい輝きのアクセントを加えています。高級素材と小型のフォルムを特徴とする、スタイリッシュな女性用タイムピースは1世紀を超える歴史の中でブランドのDNAの一部となった最高のクラフツマンシップと完璧な精度の伝統を継承しています。

タグ・ホイヤーのタイムピースは単に高級であることや優れた精度を備えているだ

けでなく、スイスのクラフツマンシップにおける最高の技術を未来に向かって力強く押し上げるという重責を担っています。崇高なまでの美しさと確固たる信頼性、精巧な手作業と圧倒的なハイテク、コンテンポラリーと洗練、タグ・ホイヤーは男性用、女性用を問わず高級時計に新たな意味を与えます。

モナコ Twenty Four watch

モナコ Twenty Four

ル・マン24時間レースカーにインスパイアされた革新的な試作品

スティーブ・マックイーンが1970年公開のカーレース映画の名作『栄光のル・マン』で着用して以降…

スティーブ・マックイーンが1970年公開のカーレース映画の名作『栄光のル・マン』で着用して以降、タグ・ホイヤーはこの歴史的なレースとの関わりを持ち続けています。モナコ Twenty Four コンセプト クロノグラフは、GTレースカーの技術から着想を得たものです。こうして誕生した耐衝撃性に優れた高性能コンセプトウォッチが、再び記録を塗り替えようとしています。

起源

タグ・ホイヤーは40年前から続く、この歴史的なレースとの関わりを誇りに思っています。当時初のブランドアンバサダーとなったのは、F1チャンピオンのジョー・シフェールでした。映画『栄光のル・マン』でスティーブ・マックイーンが腕に付けた最初のモナコは、その後サーキットで最も注目を集める時計となりました。それ以降、モナコはタグ・ホイヤーが革新性とクリエイティビティを存分に発揮するモデルとなり、賞を受賞するコンセプトバージョンが誕生しました。

モナコ Twenty Four コンセプトクロノグラフは、毎年6月に開催されるル・マン24時間耐久レースに出場する驚異的なパワフル レースカーに採用されている最先端技術とデザインから着想を得ています。

GTレースカーの技術は、モナコ Twenty Four に2つの技術革新をもたらしました。1つは独自のチューブ・デザインで、もう1つは極めて衝撃に強い部品です。パワフルなタグ・ホイヤー キャリバー36ムーブメントは、レースカーのドライバー・プロテクティブ・コックピット・ゲージを彷彿させるスティール・チューブの枠に支えられ、内側がブラックPVDのケース内に“浮かび上がり”ます。モナコ Twenty Four コンセプトクロノグラフは、軽量でトランスペアレントなデザインを備えていますが、これはル・マン24時間耐久レースの有名なミュルザンヌ・ストレートを時速400kmで駆け抜ける様子を連想させるものです。

機能&特徴

モナコ Twenty Four コンセプトクロノグラフには、ル・マンのパワフルなGTレースカーにインスパイアされた複数の革新的技術が使われています。

高性能エンジン

このモデルは、毎時36,000回のリズムで振動するタグ・ホイヤーキャリバー 36 ムーブメントを搭載し、ル・マンで活躍するエンジンのように容赦なく稼働します。ムーブメントは、文字盤側から、そしてサファイヤクリスタルのケースバックを通して見ることができます。

レースカーのコックピット・ケージを体現する耐震構造

キャリバー 36ムーブメントは、「エネルギー・マニホールド」のようなスチール・チューブの枠に支えられ、ブラックのPVDコーティングケース内に「浮かび上がり」ます。 ポリッシュ仕上げされたブラックのPVDコーティングケース内の部品は、宇宙工学やオートレーシングで採用されている「合成フィルター」耐衝撃素材によってさらに保護されています。

レーシーなデザイン

その外観は、スティーブ・マックィーンが腕にしたことで人々の心に残る、オリジナルのスクエア型モナコから採用されました。12時位置には特大の「24」の文字が入り、ガルフ・オイル社を象徴するブルーとオレンジのストライプのカラーリングが彩りを添えています。文字盤には二分割された斬新なデザインを採用し、9時位置と3時位置には「ダブル」の針で作動するセミ・サブカウンターを搭載しています。