シャー・ルク・カーン ハートのキング

成功へのユニークな道

「成功すると、安心して気を緩めがちになります。大切なのは常に前進し続けることです。それは自分でやるしかないのです。次にやること、プロジェクトでも試合でも、次の挑戦に対するモチベーションを自分自身の中に見出すのです。」

シャー・ルク・カーンが現れる以前のボリウッドスターたちは、たとえスーパースターと呼ばれようと誰一人として、王者カーンほどの影響力を持つことはありませんでした。

25年を超えるキャリアの中で80本以上に及ぶインド映画に出演してきたシャー・ルク・カーンの収入は、世界のどの映画俳優よりも上回ります。それはなぜでしょうか。非常によく働き、あらゆるジャンルの役柄を演じ、そして何があっても決してプレッシャーに負けないからです。

タグ・ホイヤーのように…

インドで最も有名な俳優であることのプレッシャーは相当なものでしょう。正しい選択をし、頂点に居続けることは無限のバトルです。タグ・ホイヤーのように、シャー・ルク・カーンは常に新しい自分を創り出し、決してプレッシャーに負けることはありません。
1965年、ニューデリーに生を受けたシャー・ルク・カーンは、大学在学中にアバンギャルドな舞台俳優としてのキャリアをスタートさせました。

1980年代後半の人気テレビ番組で立て続けに主役を演じ、脚光を浴びましたが、順調なキャリアに胡座をかくことなくリスクをとり、犯罪者や反社会的人間、殺人者といった悪役をあえて演じるようになりました。これはインド映画界ではあり得ないことでした。そして、どのようなひどい役柄を演じようともシャー・ルク・カーンのカリスマ性は衰えを見せず、またしても輝き続けるのでした。今日では、彼はファン層の厚さと収入からして、世界一の映画スターと言っても過言ではありません。それでもなお自身を成長させ続けています。財産をただ築き上げるのではなく、常に世界で最もパワフルな人物の一人としてランクされる彼の持つ影響力は、映画界を超えて広がりを見せます。まさしくタグ・ホイヤーのようにシャー・ルク・カーンは限界を認めずに新たな道を切り開き、自分の道を信じて時には反抗し、そして何があっても決してプレッシャーに負けません。

詳細を読む

その他のアンバサダー

150年以上にわたり、タグ・ホイヤーはあらゆる限界に挑戦し、それを超えてきました。スイスの時計製造の歴史ある伝統に挑み、精度と性能においてさらに上を目指します。自分自身でルールを定め、自ら道を選び、常に前進し続けます。妥協を許さず、決してプレッシャーに負けません。タグ・ホイヤーのアンバサダーたちのように。