高級時計 - スイス時計
タグ・ホイヤーのメンズ時計&レディース時計:計時が芸術に進化する場所

スイス時計と高級時計は共に高い品質と精度で知られ、同義語のようにとらえられています。そして、そのスイス時計の世界において、タグ・ホイヤーのタイムピースは唯一無二の存在感を放ちます。アバンギャルドなデザインと最新のテクノロジーを誇るタグ・ホイヤーのタイムピースは単なる高級時計やスポーツウォッチの枠を超えて、独自の領域を築いています。

タグ・ホイヤーは職人の手によるクラフツマンシップに最高かつ最新のテクノロジーを融合し、革新や卓越を追求しながらも伝統を重んじるメンズ時計とレディース時計を作り上げています。決然たるモダニティと時代を超える洗練性を備えたタグ・ホイヤーの時計の魅力は圧倒的な美しさだけではありません。その自動巻時計は振動数を毎時21,600回から毎時36,000回(キャリバー360)にまで高めることによって優れた機械的精度を保証します。このような理由から、自動巻時計に搭載されたムーブメントの多くは栄誉あるスイス公式クロノメーター検定協会(C.O.S.C.)からの認定を受けています。

それゆえに、タグ・ホイヤーのクロノグラフが正確な計時という点でスイス時計の最高峰と称えられることも当然の成り行きなのです。これらの高級スポーツウォッチは世界で最も栄誉あるレースイベントの一つ、モナコ グランプリのオフィシャルタイムキーパーという重責を担っています。さらに、タグ・ホイヤーはアメリカスカップを制したオラクル・チームUSAやフォーミュラ1で高い評価を受けるコンストラクター、マクラーレンとパートナーシップを結び、スピードと計時精度の完璧なマリアージュを実現しています。

タグ・ホイヤーのタイムピースは美しさという点でも圧倒的な存在感を放ちます。各分野のエキスパートたちが手作業で仕上げる高級スイス時計は最高の素材を完璧な調和で組み合わせています。なめらかなカーフスキンや上質のアリゲーターレザー、貴重なソリッドゴールド、頑強なステンレススチールをはじめとする伝統素材から最高のものを融合するか、あるいはハイテクラバーやモダンファブリックなどの最先端かつ現代的な素材によるアクセントを加えるかにかかわらず、タグ・ホイヤーはスポーツウォッチと高級時計の境界をあえて曖昧にしています。さらに、ブラッシュ仕上げやブラック仕上げ、ルテニウム加工をはじめとする上質の仕上げは洗練と革新を備え、時計に見た目の美しさだけでなく確固たる実用性をもたらします。

一方で、女性用時計は控えめなエレガンスを極めています。とりわけ、ダイヤモンド時計はタグ・ホイヤー カレラやモナコ、リンク、アクアレーサー、タグ・ホイヤー フォーミュラ1といったタグ・ホイヤーの名声を支える代表的な男性用時計に女性らしい輝きのアクセントを加えています。高級素材と小型のフォルムを特徴とする、スタイリッシュな女性用タイムピースは1世紀を超える歴史の中でブランドのDNAの一部となった最高のクラフツマンシップと完璧な精度の伝統を継承しています。

タグ・ホイヤーのタイムピースは単に高級であることや優れた精度を備えているだ

けでなく、スイスのクラフツマンシップにおける最高の技術を未来に向かって力強く押し上げるという重責を担っています。崇高なまでの美しさと確固たる信頼性、精巧な手作業と圧倒的なハイテク、コンテンポラリーと洗練、タグ・ホイヤーは男性用、女性用を問わず高級時計に新たな意味を与えます。

スティーブ・マックイーン 反逆者

成功へのユニークな道

「レーシングは人生だ。その前と後にあるのはすべて、待つことだけ。」

スティーブ・マックイーンが現れる以前、ハリウッドはただヒーローと悪者を吐き出す機械のようなものでした。映画はカラーでもそのコードと価値観は白黒のままでした。善人と悪人、その中間はなかったのです。

ブルーの瞳のクールな男が君臨してからは、すべては彼のものでした。映画スターたちは、権力に対する自信みなぎる反逆や、リラックスしていながら決してプレッシャーに負けない男らしいスタイルをこぞって身に付けようとしました。しかし誰もマックイーンのようにはなれませんでした。

タグ・ホイヤーのように…

スティーブ・マックイーンのレガシーは不滅です。俳優兼カーレーサー、そしてそれ以上の人物であった彼は伝説となりました。基準を常に高い位置に持ち、決してプレッシャーに負けませんでした。タグ・ホイヤーのように。
幼少時代、母親に面倒を見てもらえなかったスティーブ・マックイーンはミズーリの叔父の農場へと移りました。そこで叔父に与えられた輝く赤い自転車が、後の人生でイマジネーションをかき立てるようになる、ピードへの愛とレースへの情熱を呼び覚ましました。それ以降の彼の子供時代は大恐慌時代におけるディケンズの物語さながらとなっていきます。

壊れかけた家から家へと移り住み、12歳の頃には不良の仲間入りをし、14歳のときには路上生活をしていました。サーカスに入り、少年院に送られ、出所後は海兵隊に入隊します。そして俳優の道に入り、ハリウッドが彼を見出しました。彼の初恋であったレースに出場するために映画に背を向けることがあったにもかかわらず、20年に渡りヒット作が続きました。最初はバイクでした。1980年に亡くなるまでに100台以上のヴィンテージバイクを所有していました。そして車です。ポルシェ908/02に乗り込み参戦した1970年のセブリング12時間レースでは、2週間前にバイクで事故を起こし左足にギプスをはめながらも2位に食い込みました。その年の後半、レーシング映画『栄光のル・マン』で別のポルシェを運転した際にはホイヤー社のロゴが輝くレーシング・スーツに身を包み、腕にはスクエアケースのホイヤー ウォッチ、モナコを着用していました。ブルーの文字盤とブルーの瞳の男はそれ以来永遠に結びつくこととなりました。スティーブ・マックイーンは限界を認めない先駆者であり、我が道を行く反逆者であり、そして何があっても決してプレッシャーに負けませんでした。タグ・ホイヤーのように。

詳細を読む

アンバサダー

150年以上にわたり、タグ・ホイヤーはあらゆる限界に挑戦し、それを超えてきました。スイスの時計製造の歴史ある伝統に挑み、精度と性能においてさらに上を目指します。自分自身でルールを定め、自ら道を選び、常に前進し続けます。妥協を許さず、決してプレッシャーに負けません。タグ・ホイヤーのアンバサダーたちのように。