オート オルロジュリー

タグ・ホイヤーのエンジニアと時計職人たちは、ラ・ショー・ド・フォンにある自社工場で、デザインから開発、製造までを手がけています。40名からなるチームは、限界を押し広げ、機械式ムーブメントの力学を根本から変える新たなパラダイムを作り出すことに全力を傾けるという、一つのビジョンと情熱を共有しています。


タグ・ホイヤーの高級時計製作をめぐるストーリーは、スイスで働く献身的な思索家や熟練時計技師、エンジニア、職人、そして著名なハイテク企業や大学、研究機関から選ばれた国際ネットワークとの共同作業からなる特別なチームによって編成されています。


タグ・ホイヤーの設計や試作品作り、製造に用いられる技術は、複雑な航空宇宙システムの開発に用いられる技術と同じものです。ツールや技術、専門知識は、自動車産業やIT産業、応用数学、化学、気候学、コンピューター工学、微小機械科学など多方面の専門分野を融合させた結晶です。今日、マイクロトゥールビヨンズ、マイクロタイマー、マイクログラフ、モナコ V4、モナコ Twenty Four、タグ・ホイヤー フォーミュラ1 レディ イン ヤンは、タグ・ホイヤーの最先端の工房において、情熱にあふれたひたむきな熟練時計技師チームにより、手作業で組み立てられています。つまり、タグ・ホイヤーのタイムピースは、現代の最先端の技術から、最も由緒ある伝統的な職人技まで、すべてが活用されて手がけられています。